読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株 信用取引

株式の取引方法には、現物取引のほかに信用取引というものがあります。信用取引は現物取引とは、全く違う取引方法です。現物取引では、10万円の資金で10万円分の株しか購入できませんが、信用取引では10万円の委託証拠金をで、約3倍の株を購入することが出…

株 BRICs

BRICsというのは、経済成長が著しいブラジル(Brasil)、ロシア(Russia)、インド(India)、中国(China)の4ヶ国を指すレンガ(brick)をもじった造語です。アメリカの証券会社ゴールドマン・サックス社が「BRICsとともに見る2050年への道」という投資家向けレポー…

株 中国株

ネット証券から買うことの出来る株は、日本国内の株だけではなく、外国の株も買うことが出来ます。その中でも、成長が著しい中国株が、ネット証券でも大注目を浴びているようです。今の中国はオリンピックや上海万国博覧会などが控えていて、東京オリンピッ…

株 会社四季報

株の取引をする時には、その銘柄の企業の情報を得るのは必須だと言えるでしょう。その情報を得る手段としては、日経新聞や会社四季報がとても役に立ちます。会社四季報とは、東洋経済新報社が年4回発行している分厚い企業情報誌で、全上場企業を収録していま…

株 株取引口座

株の取引を始めたいけれど、全く何をどうしたらいいのかわからない、ネット証券は手軽だけれど、その分怖い、と感じている人は多いと思います。間違っても、好んで株で大損なんてことは、誰もしたくないと思います。そんな時は、いろいろなところで株の取引…

株 特定口座

株式の取引をして、株の売却益があった場合は、確定申告をしなければならないのですが、投資家の負担を軽減するために、証券会社で口座を開く時は一般口座のほかに「特定口座」という口座を選択することが出来ます。特定口座は一つの証券会社に一つだけ開く…

株 IPO

IPO(Initial Public Offering)というのは、株の新規公開・新規上場のことです。今まで上場していなかった株が、証券取引所に上場することなのですが、このIPOが今、ものすごい人気なのです。なぜ人気なのかと言うと、ほとんどの株において、公募価格よりも初…

株 株券電子化

以前、株券の電子化ということが話題になったことがありました。株券の電子化というのは、株券で株主権を管理するのではなく、証券会社の振替口座などで電子的に管理されることです。上場会社の株券は、2009年6月までに、一斉にペーパーレス化されることにな…

株 るいとう

株の取引をしたいけれど、資金があまりない、と言う人向きの投資方法に、るいとうという投資方法があります。るいとうという言葉は「株式累積投資」から来ています。証券会社によっては「株式積立」とも呼ばれています。自分で選んだ銘柄の株を、毎月一定額…

株 ETF

投資信託の中でも、比較的新しい投資方法でETFというものがあります。ETFという言葉は(Exchange Traded Fund)「株価指数連動型上場投資信託」から来ています。日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)に連動することを目的に運用される投資信託です。株式と同じよ…

株 ミニ株

ミニ株は、小資金の人にも買いたい銘柄に手が届くシステムです。ミニ株は通常の十分の一の株数から買うことが出来ますので、小資金でも多くの銘柄に分散投資することが出来ます。例えば株価が1000円で1000株単位の株だと、資金は100万円必要になりますが、ミ…

株 スイングトレード

スイングトレードとは、株式投資の投資スタイルの一つで、数日間単位で取引を完結させる短期売買のことです。スイングトレードは、数日単位の株価の差異を利用して利益を生み出す取引方法です。一日で取引を完結させるデイトレードは日中仕事をしている人は…

株 デイトレード

株や為替の取引でデイトレードと呼ばれるものがあります。株や為替などを、買ったらその日のうちに売るという取引です。市場が閉じる時には、買いポジションも売りポジションも持たないというのがデイトレードの鉄則です。デイトレードをする人をデイトレー…

株 注文方法

株を注文するときは、初めての場合はとてもわかりにくいことが多くても躊躇してしまうことがあります。慣れてくると、どうということはないのですが、注文に際しては知ってなくてはいけない用語もいくつかあります。少しインターネットで注文する時を例にと…

株 カブトレ

株ブームを象徴するように、ゲームソフトにも株のトレーニングソフトが発売されています。KONAMIから発売されているニンテンドーDSのソフト「カブトレ!」がそれです。株を実際に始めているけれど、勝率が上がらない人、興味はあるけれど、始めることに二の…

株 株主優待

株を買って株主になると、銘柄によってはその企業から株主へのプレゼントという形で株主優待を受けられます。配当金や値上がり益の他にも、株主優待が楽しみという人が案外多いのではないかと思います。優待品を金額換算して、投資金額で割ると、10%を超え…

株 投資信託

株に投資する方法は、株式の現物の売買が一番手っ取り早いのですが、投資信託という方法もあります。投資信託というのは、個人で投資していくのではなく、たくさんの人からお金を集めて、ファンドを作り、そのファンドで数多くの株式や債券に投資する方法で…

株 ローソク足

株の動きを見るときに、チャートというのを見ればすぐにわかるのですが、そこに使われることの多いのがローソク足というものです。白と黒のローソクの形に似たものが、チャートに描かれていますね。これは細かい株価の動きを、一見して読み取れる便利なもの…

株 ROE

ROEというのは「Return on Equity」のことで日本語では株主資本利益率と言っています。株主が出資したお金を、どれだけ上手に使って利益を生み出しているかを表すデータです。株主が出資した額から見て、利益が大きければ、株主としてもたくさんの配当が期待…

株 PER

株価の動きを見通すために必要なデータに「PER」というものがあります。日本語では「株価収益率」と言っています。これは、その会社の利益を一株あたりの利益で割ったものです。PERが小さい会社は利益が大きい割には株価が安い会社だと言えます。利益が大き…

株 株式の起源

株式の起源についてはいろいろと言われていますが、一番有力な説は東インド会社の時代に株式を発行したことに起源していると言われています。東インド会社の時代というのはイギリスやオランダなどのヨーロッパの強国が、長い航海を経てアジアにたどり着き、…

株 バーチャル取引

株の口座を開いてはみたものの、買いたい銘柄を買うための資金もないし、取引の方法もよくわからない、と言う時は、バーチャルの株取引をやってみて、注文の仕方、チャートの見方など、株に関することを、自分自身の資金を実際に減らすことなく、ゲーム感覚…

株 オンライン証券

株の取引がこれほど普及した理由は、オンライン証券の普及によるものが大きいと思います。オンライン証券の魅力は、手数料の安さ、取引のしやすさ、情報の多さなどになるでしょう。株の売買に伴う手数料は、かつてはどの証券会社でも一律に定められていまし…

株 口座

株の取引をしようと思ったら、まずは証券会社に口座を開かなければいけません。今は株はネット取引が主になっていますので、営業マンを通さなくても、簡単に口座が開けるようになりました。まずは、どの証券会社にするかを決めたら、その証券会社のサイトで…

株 日経平均株価

株に関するニュースで、必ず耳にする「日経平均株価」という言葉あります。これは東京証券取引所の一部上場企業のうちで、市場を代表する225銘柄を対象とした株価指数のことです。50年の歴史があって、国内外の市場関係者に最もよく知られた日本を代表する株…

株 証券取引所

株を取引するのは証券取引所です。株式市場と言われているところですね。まずは東京証券取引所、日本の中心である取引所です。一部と二部に分かれていて、一部は大企業が多いです。二部は主に中堅企業や成長企業です。東証一部上場というのは、一種のステー…

株取引

最近は株の取引がブームになっています。昔はラジオと新聞に一日中かじりついているというイメージでしたが、最近は少しスマートな印象になってきたように思います。オンライントレードなどで、気軽に始められることもあって、老若男女、最近では株の口座を…

株 株式とは

株という言葉は、国語辞典で引いてみると、まずは木や稲の株のこと、次に草木の何本にも分かれた根元のこと、そして三番目に株式、株券のことと出てきます。その株式、株券とは何でしょうか。株券というのは、株式会社が資金調達のために発行する有価証券の…